Menu

高速シュミレーターてなに?(^^)?

  • ブログ
  • 2017.9.7

本日は高速シュミレーターについて、ちょっと血圧高めの幸津が説明します。

まず、普通自動車免許の教習課程で行うシミュレーターは、
「急ブレーキ」 「危険を予測した運転」 「高速道路での運転」 「特別項目」
と言っても上記した項目すべてをシミュレーターで行うわけではなく
教習所が任意でシミュレーターを代用しているだけであって
実車で教習可能であれば実車で行っています。
というのも、シミュレーターを使用する目的としては

実車で体験することが困難なものについて疑似体験する

ということなのです。

たとえば、教習所の周辺にまったく高速道路がない、
暴風雨で高速道路で運転していたら危ない、そんな時に我らの味方 「シミュレーター」 で教習
が役に立ちます。
余談ですが、このシミュレーター教習は教習生最大3人まで一緒に教習可能である

当然、疑似体験の時間ですから運転の練習ではありませんし、
誰の運転が上手い、下手だとかそんな話でもありません。
他の教習生が運転している姿を後方から観察し、
その教習生の運転行動がどういったものなのかを自分と比較してみましょう。

同じものをやっているのに、まったく違った流れや結果になります。
教習生それぞれ考え、危険の感受性、感覚、すべて違いますから
他の教習生の運転から学ぶものもあるかもしれません。
自分だったらこういう時こうするのに、この人はこういう風にするんだ…みたいな。

良いところは盗み、悪いところはマネしないようにしましょう。(゚Д゚)

 

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

電話での問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!