Menu

AT?MT?

  • ブログ
  • 2017.8.8

これから普通免許を取得しようとされる方の中には、MTとかATとか、よくわからない方もいらっしゃるかと思います。
なので、お父さんやお母さんに相談すると「とりあえずMTにすれば・・・」
今回はAT、MTについてお話します。(EDS 蕨野)
ATは、オートマティックトランスミッションの略語。
MTは、マニュアルトランスミッションの略語。

結論、現在販売されている「普通乗用車」のほとんどはAT車です。
ということは、AT限定免許で十分なんですよ。
なのに、お父さんお母さん世代は、「とりあえず」とか「先々MTに乗るかもしれないから」と言って MTをつい勧めてしまいます。
平成28年に販売された「普通乗用車」の、ATとMTの比率は9:1だそうです。
なのでAT限定免許で十分ですよね。

じゃ、ATとMTって何が違うの?
MT
運転者が、右足でアクセル操作をして左足でクラッチを操作し調和させなが1のギアで発進し、 速度が上がるのに合わせて20km/h前後で左手で2のギアに変えて、30km/h前後で3のギヤ、 40km/前後4のギヤと操作しなければなりません。
減速時にも速度が下がるに合わせて運転者がギアを変える操作をしなければなりません。
アクセルを踏む量を加減しながら、クラッチの上げ下げも加減しながらの操作なので大変です。
この操作に失敗するとエンジンが止まってしまいます。
特に止まった状態から発進するときに失敗が多いですね。
本来ハンドル操作は、両手で行わなければならないのに、一時的に右手のみの片手になる恐れがあます。
操作に気を取られていると、周囲の安全確認がおろそかになり危険です。

AT
前進するときは、Dレンジに入れれば、速度に合わせて1〜4のギヤの選択は車が自動的に変更してくれる素晴らしい機能を持っています。
走行中は両手でハンドル操作ができるので安心ですね。
右足のみの操作でアクセルとブレーキを踏み別けるだけなので、楽々です。
運転者は速度とギアの調和を気にすることなく操作できるので、より安全運転(周囲の安全確認)に集中できます。 エンストなんてしないんですよ(笑)

自動車は元々ほとんどMTでした。
その後ATが発売されたが、当初のAT車は、燃費が悪いため不評でした。
(燃費;1リットルのガソリンで、何キロ走行できるか)
なので、お父さんやお母さん世代は、AT車に対するマイナスのイメージがあるようです。
でも、現在販売されている普通車は断然ATの方が燃費がいいですよ。
日本でよく販売されているトヨタのプリウスやアクアはATのみの設定なんですよ。
最近注目されているミニバンの新車は、ほとんどATです。

それじゃ、MTが必要とされるのは?
中型・大型貨物自動車の場合は、ほとんどMTです。 大量の荷物や大きな荷物を運ぶ運送業の方が必要な免許ですね。
ということは、それ以外の方はAT限定免許で十分なんですよ。

さあ、AT、MTで迷っているあなた、安心・安全なAT限定免許で入校しましょう!

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

電話での問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!