Menu

間違いやすい問題

  • ブログ
  • 2018.12.20
noimage

間違いやすい問題

現在、自動車学校は、高校3年生の解禁で、少しずつ入校生が増えている時期ですね。
運転技術の習得も大変ですが、学科(道路交通法)を覚えるのも大変ですね。
今回は、仮免前の模擬テストで、間違いやすい問題をいくつか紹介したいと思います。

【問題】近くに交差点のない道路でも緊急自動車に進路をゆずるときは、必ず一時停止しなければならない。

正解な❌です。
「近くに交差点のない道路」なので、一時停止の義務はありません。「左側に寄って譲ればよい。」ですね。

 

【問題】路面電車が停止していたが、安全地帯に乗降客がいなかったので、そのまま通過した。

正解な❌です。
安全地帯に路面電車が停止しているときは、安全地帯に乗降客が「いる」「いない」に関わらず、徐行の義務があります。
停止している路面電車に慌てて乗ろうとして、道路を走って横切る歩行者がいるかもしれませんよ!

 

【問題】横断歩道や自転車横断帯の手前で車が停止している場合、歩行者などが見えなくても徐行しなければならない。

正解な❌です。
横断歩道や自転車横断帯の手前で車が停止している場合、車の陰になって横断者がいるかいないかわからないですよ!
「直前で一停止して確認をする」が正解ですよ!

「徐行しなければならない。 」とういう文章は、説得力があり、つい正解にしてしまう傾向があるようです。
「徐行しなければならない場所」と「徐行しなければならない場合」をしっかりまとめておきましょう!

ワラビー

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

電話での問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!