Menu

ATかMTか

  • ブログ
  • 2018.10.29
noimage

高校生・大学生の進路も決まりだし、そろそろ進路に合わせて免許取得の話もご家族の会話の中で出始めてのではないでしょうか?

最近、自動車学校にも免許取得についてのお問い合わせの連絡が増え始めました。
その中で、いくつか質問がありますが、MTかATかの質問が多いですね。
過去のブログでもATかMTかの内容がありますが、改めてお話しさせていただきます。
例えば、
「やっぱり何でも乗れるMTがいいのでしょうか?』など・・・
免許取得の入校金を祖父母が応援されるケースに多いのが、出資者の意見を聞かねばならず、
祖父母が頑固に「MTじゃないとダメ!」というケースもあります。
過去にも、クラッチや半クラッチとかギヤ操作が上手くいかず、途中ATに変更される方も少なくありません。
実際、普通車のAT車の販売(登録台数)の割合は、1985年は48.8%でしたが、2011年98.5%です!

軽トラックも新車では50%がAT車だそうです。

普通車でMT免許を取る必要があるのでしょうか?

それからもう一つ、高齢者の交通事故で、アクセルとブレーキの踏み間違いによる追突事故は、
ほとんどAT車ですが、高齢者はMTで教習を受けていらっしゃるので、AT車の正しい操作方法をご存じない方がほとんどです。
アクセルとブレーキの踏み替え方法ですが、高齢者講習をさせていただいた際に足元を観察すると、カカトを支点にして、右足を持ち上げずに踏み替えていらっしゃいます。
AT車の場合、アクセルペダルよりブレーキペダルは高い位置にあり、右足全体を持ち上げなければ正しく踏めません。
普段はごまかせても、急な飛び出しのとき、雨で靴の裏が濡れているときに大失敗をしてしまいます。
現在の教習では、MTで入校された方にもAT操作の実車教習もさせていただいていますが、普通車の実車教習は34時限中、たった 5〜6回だけです。
MT車で卒業された方の保護者に、最初の実車の様子をお聞きすると、自宅の車両は当然AT車ですから、苦笑いされるケースが多いです。きっと、エンジンのかけ方から発進停止がぎくしゃくなんですね。(笑)
AT車で卒業された方の場合は、「以外と上手だった。」という褒め言葉のご意見が多いです。
さあ、AT・ MTで迷っていらしゃる方、迷う必要はありません。ATで問題ありません。

苦労してMT教習を受けて、車の運転がイヤにならないでください!

じゃなんでMTの教習を自動車学校ではやってるの?
運送業・建設業・土木業・農協・酪農・漁業などで使用されている中型・大型貨物自動車は依然として、大きな荷物を運ぶ必要があり、いまだにほとんどMTですね。
そういった職種に就職させる方は、当然MTが必要になりますね。
しかし、大型自動車や中型自動車(大型バスやマイクロバス)などは、ATが普及しています。
就職する前に、どのような職種に就職をするかを踏まえて選択されればいいと思います。

もう一度言います、普通自動車のAT車の販売比率は2011年98.5%です!

                                by ワラビー

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

電話での問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!