Menu

方向変換、縦列駐車のお手伝いをする、バックモニターですが・・・

  • ブログ
  • 2018.2.19

方向変換、縦列駐車

2段階の教習で苦労するのが、方向変換、縦列駐車。
卒業後は、バックモニター付きの自動車に乗るから、そんなに重要では無いのに・・・
と思っていらっしゃる方居ませんか?

確かに、最近の自動車には、カーナビの普及により、そのオプション機能としてバックモニター
が付いています。
私のマイカーにもバックモニターが付いているんで、確かに、後退駐車するときに大変便利です。

でも、このバックモニターを過信して、ぶつけてしまう方がいらっしゃいます。
意外にも、ベテランドラーバーがぶつけています。

理由は???

バックモニターのカメラはどこに設置されているしょうか?

大半の車両が、後ろのナンバープレート上部です。
後ろのナンバープレートを雨などから守るために少し出っ歯んた部分があり、そこに装着されています。
ということは?

画像処理されて、後方全体が映っているように見えますが、最近流行のミニバンであれば、後方地面の
縁石などは映っていますが、ナンバープレートよりも上部は映っていないのです。

ベテランドライバーになればなるほど、後ろギリギリに停めたがります。
その結果、ナンバープレートより上の突起物にぶつけてしまのですね。

しっかり、方向変換、縦列駐車の基本を身に付けて、ぶつけないようにしましょう。

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

通学のお問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

合宿のお問い合わせはこちらから

0986-88-5200

受付時間 9:00~18:30

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!