Menu

中研にいってきましたଘ(੭´・∀︎・`)੭ 其之拾六

  • ブログ
  • 2017.12.17

アルコールによる運転への影響

自動車安全運転センター安全運転中央研修所 ←長い
・・・略して、中研
ここにきて、2日目の夜となります

充実した講習を過ごしたあと、どーしても欲しくなるのが・・・お酒
⸜( ´ ꒳ ` )⸝♡︎
マツダ、あんまり飲めませんが、お酒、好きです
飲んでも、せいぜいビール3リットルが限度です
ね?
あんま、飲めないでしょ? ←

中研の充実しすぎた講習を受けたので、米を食べる元気もなく ←
その日の夕飯は・・・これ


ハイ!
ちゃっかり、しっかり、ばっちりお酒、あります 笑笑

突然ですが!
質問です
「お酒を飲んで、車の運転をしてもいいですか?」
はい、答えは
  ダメ—!!! o(・`д´・ 。)
これはもうみんな知ってますよね!

では、なぜ、アルコールを飲んで運転をしてはいけないのでしょう?

アルコールによる運転への影響
「酒は百薬の長」というように、適量は心と体に良いそうです
食欲などの本能が活発となる、リラックス効果がある…etc
ですが、リラックスしすぎて心のタガが外れてしまうと大変
飲酒運転もそのひとつ
「ちょっとくらい、いいだろう」
そのちょっとが、人生を大きく狂わせるのです

〔アルコールによる運転への影響〕
視覚・聴覚など感覚機能の低下
動体視力が落ち、視野が狭くなります
そのため信号の変化や、路上の人や車の動きの見極めが遅れます
運動機能の低下
運動をつかさどる神経が麻痺しているため、体の動きが鈍くなったり、平衡感覚が乱れます
このため、カーブを曲がりきれない、ハンドル操作の誤り、ブレーキ操作が間に合わないなど、危険な運転になります
精神の高揚、気抑止力の低下
抑制がとれ理性が失われているため、自信過剰になったり、すぐにカッとなったり、乱暴な運転になりやすく、危険な運転になります
判断力・注意力の低下
危険に対する適切な判断能力が低下し、注意力も散漫になります
そのため、危険な状況を見落としがちになったり、集中力が鈍りとっさの状況の変化に対応できなくなります

これでは、安全運転などできるはずもないですよね

想像してください
あなたが道を歩いていると、アルコールによって危険な運転しかできないドライバーが、あなたのすぐ近くを通り過ぎようとしている・・・
あなたは無事でいられるでしょうか?
考えただけでもゾッとしますね

飲酒運転は、絶対にやってはいけません
飲酒運転は、犯罪です
〔飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!〕

ちなみに
合宿免許中は、成人であっても飲酒は禁止とさせていただいております
合宿免許を卒業したのち、おうちでゆっくりとお酒を楽しんでくださいね
(˵ ˃̶̀ε ˂̶́ ˵)

もちろんマツダも、中研ではお酒の量は少量にしておきましたょ
がっつり飲むのは、翌日お休みの日だけにしております
翌日アルコールが残っていたら、大変ですからねっ(›´A`‹ )

マツダの旅は、まだまだ続く*。(*´꒳`♥︎).。*

by.Mutsumi Matsuda

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

通学のお問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

合宿のお問い合わせはこちらから

0986-88-5200

受付時間 9:00~18:30

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!