Menu

これって普通免許?準中型免許?

  • ブログ
  • 2017.12.5

こんにちは、ひらっちです。

最近寒いですね。

ひらっちは39度の熱を出してしまいましたがみなさんは大丈夫ですか?

帰ったら手洗いうがいをして、口を開けて寝ちゃう人はマスクをするといいみたいですよ。

ひらっちの場合は寝るときマスクをしても起きたらしてないので効果はよくわかりません。

 

本題に入りますね。

 

これまでの免許制度では18歳の時点で取ることのできる免許は

・普通免許 (総重量5t 最大積載量3t)

・大型特殊免許

・大型二輪免許

・普通二輪免許

・小型特殊免許

・原付免許

となっていましたが、

2017年3月の法改正で

 

準中型免許  ←NEW

・普通免許 (総重量3.5t 最大積載量2t)

・大型特殊免許

・大型二輪免許

・普通二輪免許

・小型特殊免許

・原付免許

となり、18歳でも取れる免許に準中型が追加されました。

それに伴い普通免許の制限も引き下げられたことにも注意しましょう。

 

そこで!

これって普通免許?準中型免許?

どうでしょうか?ぱっと見でどれが普通免許でどれが準中型かわかりますか?

この4種の場合左の2台が準中型になります。

左上は調べたところ、総重量が4700キロ程度になるようです。

ヤマト運輸が使っていたりする車ですね。

左下の車についてはグレードによって3500キロをこえたり下回ったりします。

同じ車でも車両総重量が3400キロのものもあれば、

オプションなどによって重量が増し3500キロをこえたりするようです。

 

次の写真はどうでしょう。

 

この2台はどうでしょう。

やっぱりぱっと見では中々わかりませんね。

上の黒い車はハマーH1という車でこれも総重量が3500キロをこえたり下回ったりします。

下の白い車はトヨタのメガクルーザーという車で自衛隊車両にもなっている車です。

調べたところ3500キロ以上になるグレードは無いっぽいです。

 

このように、普通免許か準中型免許かというのは

ぱっと見や車の名前だけではわからないことがあります。

同じ車でもグレード次第というのはこわいところですよね。

あきらかにわかっている場合はいいかもしれませんが、

こういった車に乗るときは車検証を確認するようにしましょう。

 

普通免許で乗ることができる車は減りましたが

準中型免許の登場によって18歳でも乗ることができる車が増えたということにもなります。

これからの生活や仕事など、自分に必要な免許はどっちなのかを前もって知っておくと

あとから焦ることもないかもしれませんね。

 

EDSでは!

普通免許準中型免許もどちらも対応しています!

合宿免許も両方やっています。

これから込み合う時期になりますので、お問い合わせや予約はお早めに!

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

電話での問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!