Menu

「未満」、「以下」、「以上」、「超える 」

  • ブログ
  • 2017.12.2
ワラビーです。
学科で、わかりにくい言葉とか意味の第二弾です。
今日は、道路交通法というよりも、国語の理解力でしょうか?
 「未満」、「以下」、「以上」、「超える 」
2017年3月12日の道路交通法改正で、普通免許で運転できる車両は、車両総重量 3,500kg未満、最大積載量 2,000kg未満、乗車定員 10人以下。
となります。
何が関係してくるかと言うと、例えば、仮に車両総重量が3,500kgぴったりの車両があったとします。
この車両に普通免許で運転できるでしょうか?
答えは、❌ですね。
理由は、普通免許で運転できる車両総重量は3,500kg未満なのですから・・・。
意味わかりますよね?
数値で表すならば、普通免許で運転できる車両総重量の最大値は、3,499.999999999kgまでですよね。
「未満」と言うことは、3,500kgは含まれません。
普通自動二輪車は、総排気量が50cc超 400cc以下の二輪の自動車です。
大型自動二輪車は、総排気量0.400リットルを超える内燃機関を原動機とする二輪の自動車なります。
ということは、400ccぴったりの排気量の自動二輪は、普通自動二輪で運転できます。
以下とか、以上という言葉の意味は、その数値を含みますね。
数値だけ覚えても、その後の言葉の意味を理解しないと失敗します。
面倒ですが、言葉の意味もしっかり覚えて下さいね。

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

電話での問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!