Menu

タイヤのサイズ

  • ブログ
  • 2017.11.2

車両には、製造会社が指定しているタイヤサイズがあります。
何種類か設定されています。
例えば、私の所有している、ホンダ フリード スパイクの場合、
185/70R14
185/65R15
の2種類が選択可能なようです。
両方とも直径はほぼ一緒、一緒じゃないと速度計狂っちゃいますね(笑)

じゃあ、数値やアルファベットの意味は?この2つのタイヤの違いは?

最初の185は、タイヤの幅の呼称(mm)です。

70と65は、扁平率(%)で、タイヤの断面幅(S)に対する断面の高さ(H)の比率を表す数値です。
偏平率(%)=H/S×100で求められます。

偏平率が低いほど接地幅は広がり、サイドウォール部が低くなります。 見た目がカッコよく見えます。
ハンドル操作に敏感になり、スポーツ走行に向いていますが、乗り心地は少し悪く感じられます。

扁平率の高いタイヤです。ちょっとダサく見えますね (^_^*)

扁平率の低いタイヤです。かっこいいですね。(^ー^)

Rはタイヤの構造を示し、ラジアルであることを示します。

最後の14・15は、リム径のの呼称(インチ)です。

諸元表を見て、指定されたサイズを選ばないと、
・取り付け出来ない。
・速度が正しく表示されない。
・燃費が変わる。
・乗り心地が変わる。

と、色々な不具合が出るので、安易に外観の格好良さにとらわれて変えないように。

私の車の場合、185/70R14は乗り心地優先です。
185/65R15は少しグレードが上で、見た目を少し良くしているようです。

by ワラビー

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

電話での問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!