Menu

自動車学校とは。

  • ブログ
  • 2017.10.29

日本の自動車教習所

各車の練習風景

日本では、都道府県公安委員会が道路交通法第九十九条に基づいて指定した、指定自動車教習所、および届出自動車教習所のことをいいます。

都道府県により各種学校の認定を受けている自動車教習所は、学校教育に類する教育を行う教育施設である。(学校教育法134条)

道路交通法の上では「自動車教習所」とされているが、名称は「〜自動車学校」「〜ドライバーズスクール」「〜ドライビングスクール」「〜モータースクール」「〜ドライビングカレッジ」などと名乗っている所もある。

世間一般には「自動車学校」や「教習所」ではなく、その地域によって独特の呼び方(例:「車校」しゃこう、愛知県など、「自練」じれん、沖縄県)も存在する。

普通自動車免許に関する技能教習、学科教習、技能検定などが主な業務となるが、教習所によっては大型自動車や中型自動車、準中型自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、大型特殊自動車、牽引自動車などの教習・検定も実施している。

また、公安委員会の委託を受けて、高齢者講習や運転免許取消処分者講習、運転免許取得時講習、初心運転者講習などを実施している。

ペーパードライバーや高齢者、プロドライバーなど免許保有者に対して運転免許取得者認定教育を行っている教習所もある。

フォークリフト運転などの技能講習や特別教育を定期的、もしくは不定期に行っているところも一部で存在しているが、これらの講習は都道府県労働局長登録教習期間として行っており、自動車教習所の業務とは別物である。

多くの自動車教習所では普通自動車においては、おおよそ60時間程度の講習カリキュラム(技能教習 34時限・学科教習 26時限(MT車)が組まれている。

そのため、在校生は自宅から教習所へ通っていくかたちをとるが、一部の自動車教習所では、寮やホテル、旅館といった宿泊施設に泊まりこみながら教習を行う、合宿免許と呼ばれる合宿教習を行っている所もある。(Wikipediaより抜粋)

えびの高原ドライビングスクールは、免許の種類では

*普通自動車  (MT・AT)

*準中型自動車 (MT)

*中型自動車  (MT)

*大型特殊自動車

をやっています。

通学・合宿も行っています。

又、高齢者講習・初心運転者講習・ペーパードライバー講習・卒業生の無料講習等

も行っています。

車の運転で免許取得に関する疑問・練習等をしたい時は、0120-142-571までどしどし

お電話下さい。

皆さんの町の自動車学校です。連絡をお待ちしています。

 

 

 

 

 

えびの高原ドライビングスクールで
免許を取ろう!
お申込みはこちらから

電話での問い合わせはこちらから

0984-35-2345

受付時間 8:30-19:00 年中無休

ブログやSNSでも
積極的に情報発信しています!